ホームJAの概要店舗案内採用情報お問い合わせ
 
【紹 介】
 
 カリフラワーは、川内支所管内で栽培が盛んに行われています。栽培農家戸数は17年度現在82戸、作付け面積55haと、生産量・品質ともに日本一の産地として高い評価を得ています。関西市場だけでなく、京浜・中京市場へも出荷し、ブランド産地としての更なる地位向上を目指しています。

【効 能】

 キャベツの改良種のひとつで、ブロッコリーと同じ仲間のカリフラワーは花椰菜とも呼ばれ、ヨーロッパが原産地です。風邪予防や肌トラブルに効果的なビタミンCを淡色野菜の中では最も多く含んでいて、100gで一日の必要量が摂取できると言われているほど。茹でた時のビタミンCの損失率が低いのも特徴で、食物繊維やビタミンB1、B2なども含んでいます。茹でると甘みが増し、茹でる際に少量の塩、お酢、小麦粉を入れると白く仕上がります。
 
 
 
 
※ 画像が表示されない場合はJavaScriptを有効にしてください
(C) 2012 JA徳島市. All Rights Reserved.