ホームJAの概要店舗案内採用情報お問い合わせ
 
【紹 介】
 
 阿波の味覚を代表するすだちは、古くから徳島県の特産物として伝わる香酸かんきつです。管内では、佐那河内支所、多家良支所、眉山支所、勝占支所、八万支所で約500戸のすだち農家が栽培しています。
 栽培体系は、ハウス栽培の超加温、加温、無加温があり、3月下旬から8月中旬にかけて「生果用」として出荷されます。また、露地栽培は、8月上旬から9月中旬までの短期間に収穫され「生果用」「貯蔵用」「加工用」に分けて出荷されます。


【効 能】

 すだちは、アルカリ食品で、クエン酸が多く含まれており、体内の新陳代謝をさかんにして、血液を新しくする力があるといわれ、疲労回復に効果があります。また、すだちの果皮は、繊維・カルシウム・カロチン・ビタミンの大宝庫といわれ、レモンに比べて、カルシウム約2.5倍、カリウム約2.5倍、ビタミンAが豊富に含まれているそうです。焼き魚、冷や奴、お漬物など、サッと料理に振掛ければ、さわやかな香りとさっぱりした風味が食欲を進めます。 
 
 
 
※ 画像が表示されない場合はJavaScriptを有効にしてください
(C) 2012 JA徳島市. All Rights Reserved.